緑茶・紅茶・ジャスミン茶・プーアール茶 - 龍井茶房(ろんじんさぼう)-ronjinsabou-

main_syo-hin3.gif


商品一覧 > 緑茶・紅茶・ジャスミン茶・プーアール茶

ライチ紅茶(ライチコウチャ)

raiti_pot.jpg

ライチは主に福建省から広東省で採れる、中国の代表的な果物です。
そのやさしい酸味と品のある甘味から「果物の女王」といわれ、楊貴妃も大変好んだ果物として知られています。
そのライチの味と香りを中国緑茶に移したのがライチ紅茶です。
癖のないライチの甘い香りと、砂糖を入れなくても自然の甘味があるのでダイエットにも最適です。
また、お茶をちょっと濃い目に淹れてから、氷いっぱいのグラスに注ぎアイスティーとしてもお楽しみいただけます。

【原産地】中国福建省

ご注文はこちら ⇒

宮廷プーアル茶(キュウテイプーアールチャ)

kyu-tei_l.JPG

宮廷プーアール茶は、清の時代に紫禁城の宦官や皇帝も愛飲していたお茶です。
中国茶のワインと呼ばれる由来は、寝かせれば寝かすほど美味しいと言われておりワイン同様古くなれな古くなるほど、ヴィンテージとして、その価値が上がるのです。
通常の中国茶は、自然発酵させて熟成させるのですが、黒茶(プ―アール茶)は麹菌を使って発酵させたものです。
また、プ―アール茶は消化を助けるため、食べ過ぎたとき、脂っこいものを食べたときなど、最適です。

【原産地】中国雲南省

ご注文はこちら ⇒

プーアール茶

pu-a-ru_pot.jpg

中国雲南省にある雲南大葉種とよばれる茶葉から作られたお茶です。日本ではそのまろやかな味わいだけではなく健康茶、ダイエットのお茶
としても有名です。
香港や台湾、広州では食事のときに欠かせないお茶であり、脂っこい料理を食べたときに油を流してくれる効果があるといわれます。
茶の様々な健康効果は古くから知られ、「食を切らせても茶を切らすな」という言葉もあるほどです。
近年では、プーアル茶の健康効果も科学的に実証され、フランスなどヨーロッパの国々では実際に治療に使用されています。
そのままはもちろんのこと、「苦丁茶」と一緒にオリジナルブレンドした健康茶を作ってみてもよいかもしれません。

【原産地】中国雲南省

ご注文はこちら ⇒

コロコロジャスミン

koro_jasumin_l.JPG

本場の高級ジャスミン茶。それがコロコロジャスミン茶(茉莉龍珠)です。ジャスミンの花自体は、香りを長持ちさせることはできません。
そこで茶葉がくるくると丸まっている新芽の穂先の部分を使用して、香りをよく吸収させ長持ちさせることができたというわけなのです。
まず、お茶を淹れる前に、茶袋を開けた瞬間、ジャスミンの香りがお部屋いっぱいに広がることに感動することでしょう。
飲めば、お茶の味と花の香りが一体と成り、絶妙に溶け合い、すばらしいハーモニーを感じることができます。
まろやかなジャスミンの香り、自然とリラックスできる納得の味をお楽しみいただけます。

【原産地】台湾

ご注文はこちら ⇒

ジャスミン茶

jasumin_pot.jpg

福建省のジャスミン茶の中でも、とても上質で香り豊かな最高品質のジャスミン茶です。
口に含んだ瞬間に、このやさしいジャスミンの香りでリラックス効果を高めます。
その後には、口の中をさっぱりした感じにしてくれるので、濃い味付けの料理の口直しには最適です。

【原産地】台湾

ご注文はこちら ⇒

雨前龍井茶(ウゼンロンジンチャ)

ronjin_pot.jpg

龍井茶葉会社.gif

龍井茶葉会社2.gif

龍井茶副社長と.gif

浙江省西湖で採れる雨前龍井茶。雨前(4月5日~20日頃)つまり摘みとり時期の二番目の茶葉を使用しています。
高級品の明前龍井茶には及びませんが、お手頃なお値段で香ばしくとても飲みやすい味がします。
透明感のある黄緑色のお茶は、清らかで涼しげな印象を感じられ飲んだ後のかすかな花の香りと甘味が残りリラックス気分になるお茶として
お楽しみいただけます。




(写真2枚目)
政府から認定を受けた優良な会社です。
本物の龍井茶を購入したいかたは、わざわざこの会社に買いに行くんです。





(写真3枚目)
この会社は年に1回、春茶しか生産しません。
しかも清明節の前(一番美味しいお茶が出来る時期)です。






(写真4枚目)
日本から来た僕をこころよく最高の龍井茶と共に出迎えてくれた、副社長(右)、左は龍井茶房店長の町田です。



【原産地】中国浙江省

ご注文はこちら ⇒

コロコロプーアル茶

koro_pu-a-ru_l.JPG

携帯に便利なプーアール茶です。
丸くてかわいい個包装。プレゼントにも人気です!

【原産地】中国雲南省



ご注文はこちら ⇒

正山小種(ラプサンスーチョン)

rapusan_l.JPG

福建省武夷山に近い桐木で採れる正山小種は、中国でも一番歴史が古い紅茶と言われています。
東インド会社が中国からヨーロッパに運び、イギリスの優雅なアフタヌーン・ティ紅茶文化の礎となりました。
このお茶の製茶方法がたいへん変わっており、中葉種の茶葉を発酵させたあと、松の薪で燻して乾燥させていく製法により、松の重厚な香りを
しっかりと着香させています。
深みのある甘い濃厚な風味と口の中で柔らかなまろみを感じていただけます。
是非、歴史を感じながら楽しいティータイムをしたいかたにおすすめいたします。

【原産地】中国福建省

ご注文はこちら ⇒